yamad@brothers
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
---Cinderella≠Umbrella---
「久しぶり」
「……」
「そんな状態の君に出会うのは」
「……」
「何年ぶりかな?」
「……」
ジメジメしてやがります、最近です。


傘を差してやがります、今朝です。


小走り気味でやがります、瞬間です。


事は起きやがります、「お久しぶりです」




奴さんがね、いや相棒の傘の野郎がね。
ちょっと走ったらひっくり返りやがったんですよ。
ちょっと走っただけなんですよ、ちょちょっと。
その脆さ、繊細さといい、
その骨の細さといい、
まず否定から入ろうとする、捻くれ度合いといい、
現実、捻じれて裏返った態度といい




「お前は俺か」と。


いや、


「俺はお前か」と。


あれ、


「お前は俺で、俺、お前」


ん、


「俺が傘で、お前がmotoki」


そうYamada"UMBRELLA"Motokiはこう言ったんだ。


「久しぶり」
「……」
「俺がお前の傘になる」


そう言うとYamada"UMBRELLA"Motokiは傘を畳み、


ドシャ降りの雨の中を駆け抜ける。


周囲の者は、同情するでもなく、笑うでもなく、


無表情で、無関心だった。


辛かった、何もないことが辛かった。


折れた彼女の体と一緒に、心も折れそうだった。


(決して離すまい)


少しでも気を、力を緩めたら零れ落ちそうだ。


Mr.UmbrellaはMs.Umbrellaの手をギュっと握り締め、


ドシャ降りの雨の中に消えていった。





------------------------------------------------




この主人公の犠牲愛、
彼女の身に起こる悲劇、
現実の冷酷さ、


全米が泣いた


実話に基づく感動のラヴストーリー。


Me Like


The Umbrella




or




The Umbrella


Like Me



近日、公開予定。











-----------------------追加-----------------------


よくよく考えてみると、
僕が拝見させて頂いている1Blog様の記事に、
この様な傘を題材にしていたものが過去に……。


二番煎じでした。


むしろ盗作なってしまうかもしれません。


訴えられたらどうしよう。


怖くて夜も眠れま・・・・・・おやすみなさい。
スポンサーサイト
【2006/05/19 21:34】 motoki | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<CUTE POISON | ホーム | ''everybody'' means no one >>
コメント
小学校低学年ぐらいの時は、
わざと逆にして遊んだりしたね。
今思えば小さい頃は何が楽しくて
あんなことしてたんだろう
っての結構あるよね。
「どんけつ」とか・・・
【2006/05/20 02:15】 URL | woody #-[ 編集]
『ドンケツ』
それは、世界一マイナーなゲーム
『ドンケツ』
それは、世界一マゾヒズムなゲーム


私は今でも思う
よく死傷者でなかったものだ。と。


私は今でも思う
あのネームセンスの無さはひどい。と。


--著:橋田砂人 『ある公園の唄』より抜粋
【2006/05/20 22:28】 URL | motoki #-[ 編集]
あの人かな?と思いあたる人がいましが、
ラブストーリーじゃないから平気だよ(笑)
ちなみにどんなラブストーリーなの? 
そしてドンケツってどんな遊び??
風邪ひかないようにね♪
【2006/05/23 21:46】 URL | ゆう #CofySn7Q[ 編集]
僕と傘のめくるめくラヴストーリーですよ笑


ドンケツという遊びは説明しづらいです。
パイプ状の滑り台、
ヲータースライダーみたいなヤツです。
半分に切られた形ではなく、
完全に筒状のものです。
それの終着点を『フタ』という役目が体で塞ぎます。
そして次々と滑り台を滑っていきます。
最後は『フタ』が出さないようにしてますから、
どんどん人が詰まっていくわけです。
みんな滑り終わると最後の1人が、
上から皆を蹴ってどんどん中に押し込みます。
尚更、ぎゅうぎゅう詰めになることになります。
ありえない体勢と、ありえない力を受け、
みんな地獄を体験します。
「マジ出せって!」「痛え!!」「本当に出して…」
罵声、怒号、絶望、悲痛、懇願。
『フタ』が耐え切れなくなり吹っ飛ぶと、
みんな外に出て生を実感します。


あの頃は大した怪我も無く済みましたが、
正直、骨の二、三本折れてもおかしくないぐらい
マゾな遊びでした。


風邪はなんとかひいてません。
【2006/05/27 16:21】 URL | motoki #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dabashi.blog10.fc2.com/tb.php/295-ed7ee457
PROFILE
Ryosuke&Motoki
  • Author:Ryosuke&Motoki
  • 山田2人による雑記
  • RSS
  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    RECENT ENTRIES
  • We're still here and have not gone anywhere.(07/26)
  • カムフラージュ(10/09)
  • ryosuke黄金パターン(08/31)
  • 遭難(07/31)
  • Drive me crazy(07/09)
  • RECENT COMMENTS
  • ごま(07/12)
  • unknown(05/02)
  • ごま(03/29)
  • chii(03/09)
  • けいスケベ(02/27)
  • YOU(02/21)
  • うっちゃん(01/06)
  • おりやん(・´з`・)(01/03)
  • chii(01/02)
  • sissy(11/02)
  • RECENT TRACKBACKS
  • かおりの日記:ナルニア国物語(04/04)
  • Killer Legs Blog:弾丸Smoking(01/24)
  • Killer Legs Blog:もーちょっとあたしのそばであたしを知ってよ(01/12)
  • ARCHIVES
  • 2009年07月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (3)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (14)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (21)
  • 2006年01月 (36)
  • 2005年12月 (36)
  • 2005年11月 (19)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (24)
  • 2005年06月 (18)
  • 2005年05月 (18)
  • CATEGORY
  • motoki (223)
  • ryosuke (157)
  • powell (9)
  • profile gallery (1)
  • woody (1)
  • LINKS
  • 僕のフランクリンを紹介します
  • happy happy happy
  • Killer Legs Blog
  • ゜・*:☆こころの小窓☆:*・゜
  • 根腐れ草
  • suVeneのあれ
  • あのねのね
  • canvas
  • まり*し~たん*glittering stars diary☆
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。