yamad@brothers
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「今、お茶をしに行きます」
そんなに頻繁に連絡をとるわけでもないし、
その人のプライベートなんて深くは知らない。
けどずっと知り合いで、たまーに会うと
すごく気持ちよく過ごせる。


みなさんにもそういう人いますよね?
一期一会の人生で、こんなに素晴らしいことってないのかも。


僕はお酒が飲めない口なのでそういう人とはお茶をします。
自分のお気に入りの店でそういう人とお茶をすると、
たまらない。
至福と言ってもいい。


話すことといえばたわいもないことがほとんど。
最近読んだ本・映画のこと。
恋愛、音楽。
けれども、お互いのことをよく知らないせいなのか、
その関係が一種の会話のスパイスになるんですよね。
久しぶりに「言葉を言葉らしく聞く」ことができるんです。
顔を知らない仲ではないので、変に気を使うこともないですし。


話は飛びますけど、
「お茶する。」っていってもいろいろですよね。


自分の大好きな人とのお茶。
大切な友人とのお茶。
上に書いてきたような「知り合い」とのお茶。
初対面の人とのお茶。


考えてみると、人と人のコミュニケーションって
こんなに多様なんですよねぇ。


「Slow Life」が叫ばれて久しいですけど、
自分の周りで、一度立ち止まってみる勇気をもっている人。
今までの自分と向き合える機会を作っている人って、
なかなかいないですねぇ。


今忙しいと思っている人。
自分の人生を他人と比べてしまう人。
自分自身が好きになれない人。


誰かとお茶をしてみたらどうでしょう?
きっと「会話」の楽しさを再確認できるはず。
そこから見えてくるものもたくさんあるように思えます。




店員の笑顔と、周囲のざわめきと、心地良いBGM。
そこに溶け込む2人の会話。


さあ、お茶をしに行きましょう。



スポンサーサイト
【2005/06/30 08:21】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(4) |
俺は、自分は存在できてますか?
ここ最近血液型を聞かれる事が多くなりました。
自分はA型なのですが、大体言われるのはA型かO型です。



大体7割の確率で自分の血液型は当てられるので、
血液型性格学を否定しながらも、なにかしらの
A型を象徴する行動が見受けられるのだろうと思っていました。




そこで、気になったので少し調べたところ、
血液型性格学は疑似科学の典型で実際は関係ないらしいのです。医学部でも心理学部でも教えていないらしいのです。




問題は血液型と性格は関連しないというとこではありません。
何故、人は自分の血液型を当てられるのかというとこなのです。
自分だけなら、血液型と性格の偶然の一致と言い切れますが、
皆さんも血液型は5割程は当てられるんじゃないでしょうか?
5割って実際は驚くべき数字ですよね。



では何故、人は血液型を言い当てる事ができるのか。
科学では未だ証明できない事が沢山あるので
じぶんの幼稚な推測の域をでないのですが。
血液型が性格を決定するのでなく、
血液型性格学がパーソナリティを形成した。
詰まり、自分が血液型性格学の方に合わせたという事です。
こうすると大雑把なA型と几帳面なO型を説明できますよね。





自分が書きたいとこはここからです。
上記の推測が大凡において正しいと仮定すると
大変な事態に気がつきます。
血液型を当てられるということは、自分が合わせている・・・



環境や知識が人格を形成することはよく承知しています。
地元民が同系統の音楽のジャンルを聴いていたり
同系統の服装をしていたり、と例を挙げれば多々あります。



周りが自分を創るというのなら、その自分は
周りの様々な部分の模造・・・・模造の集合体。
その周りもまた模造の集合体であるなら、
そこに個性は存在できても、自分は存在しえないのかも。
オリジナル(1)とコピー(幾多)なのかも。
この話すっごい暗いかも。
たまの真面目な話だと思ったら鬱な話で皆ショックかも。
でも、俺そんなの全然気にしないかも。
そんな俺、自己愛性人格障害ってやつなのかも。


【2005/06/28 06:59】 motoki | トラックバック(1) | コメント(7) |
Simple
1フレーズが終わるごとに、一呼吸おいてみてください。

ゆっくりコーヒーを飲むような感覚で、
読んでもらえれば嬉しいです。









「運命がレモンをくれたら、
          それでレモネードを作る努力をしよう。」
BY Dale Carnegie





甘すぎるくらい甘い運命を感じたことはありますか?








「必然から偶然の種を蒔こう。」
BY Hermann Hesse





motoki君が僕に教えてくれた言葉。








「恋はするものじゃなく、おちるものだ。」
BY 江国香織





文庫本で映画化もされた「東京タワー」のキャッチコピー。







好きになって、頑張って、付き合って、別れて。


よりシンプルに、素敵な恋を掴んでください。




【2005/06/26 17:36】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(1) |
メランコリー
タコ食ってます、今タコ食ってます。


タコを食べながら更新頑張ってます。


最近、俺のスケジュールに空きが多くなりました。


地元民と遊んだり、バイトに友達がきてくれたりと


遊んではいるのですが、主だったイベントは無いです。


俺の日々の支えはイベント(希望)なんです。


ですから明日からイベントのお誘い受け付けます。


待ってます。来るまでずっと待ってます。






あ、俺明日バイトだった。ごめん、無理だ。


【2005/06/26 05:16】 motoki | トラックバック(0) | コメント(0) |
My Diary
今日は画像付きで日記を書きたいと思います。

起床して、まずトイレへ行きました。



toi.jpg




完全に眠気がなくなったら日課の体操です。
これは太極拳のBABYの構えです。



taisou.jpg




体をほぐしたところで腕試しに自販機と格闘します。
今日は調子が良かったので、コーヒーが二十本は取れました。



jihan.jpg




遊びに行く予定があったので外に出ます。
もちろん自家用パラグライダーです。



FLYINGLEFT.jpg




着地点を大きくそれて、崖に落ちました......。



gake.jpg




ヒッチハイクしようと溝の中で待ちます......車だ!



mizo.jpg




なんとか車強奪に成功しました!!
そして皆に会えました。良かったです。



karaoke.jpg




ちょっと時代遅れですが3Peaceでお別れです。ByeBye。



peace.jpg




注:いかなる文句も受付ません!知りません!
  存知あげません!訴えるってなんですか?
  それ食べ物ですか?今は満腹なので結構です。
  
  
【2005/06/20 07:12】 motoki | トラックバック(0) | コメント(3) |
LOGIC GAME
今日(昨日)バイトで可愛い子(客)を見ました。なんか見たことあるような気がしました。このバイトしてから、やたら既視感に襲われます。稀に本当に昔の知り合いだったりするから驚きます。会った人は記憶するのですが、その記憶が曖昧な為に、似ている人でも分からない事があります。話は変わりますが、今日バイトが終わる少し前に電話がありました。バイト先を覗いたけど忙しそうなので帰ったとの事です。あと少しでバイトが終わる旨を伝えました。その子達は今散歩をしているとの事でした。バイトが終わって、俺も散歩をして出会う事ができたら素晴らしいねという事になりました。俺は少し歩いてずっと橋でボーっとしていました。もちろん探していないのに会える訳がありません。別に好意を寄せているわけではなかったのですが、もしかして俺は色々なチャンスを逃しているのではないかと家に帰ってふと思いました。あの時話しかけていれば何か起こったかもしれません。あの時探していれば何か変わったかもしれません。別に何も起きず変わらなかったかもしれません。好機というのは不確定要素です。結果という確定された要素があって、あれは好機だったんだ。だから今の俺は幸せだ。だから今の俺は不幸だ。となるのでしょう。好機を生かすにはあらゆる不確定要素を確定的にする力が必要ということではないでしょうか?。伝わりにくいですかね......?何が伝えたいかというと実際はこういう事を考えるのが好きなだけです。そして自分で矛盾点を見出して、それをまた再構築するのです。モトキロジックにびびったろ?笑


P.S そして改行しない俺にびびったろ?笑

【2005/06/18 07:10】 motoki | トラックバック(0) | コメント(2) |
僕とクリームチーズパイの生きる道
今日は僕の友人の一人であるクリームチーズパイ君の話をします。


彼は僕が通う大学の中にある、あまり目立たないパン屋で
いつも静かに僕を待っています。
お昼時次々とパンがなくなっていく中、
いつも売れ残っている彼は、
僕に買われていくとき本当に嬉しそうな顔をします。
彼のお店の評価は120円そこらですが、
僕は500円ぐらいの価値があると思います。


彼の夢は、
もっともっとたくさんの人と友達になることだそうです。
それが自分にとっての一番の幸福であると言っていました。


本当は僕だけが知るおいしいパイとして
秘密にしておきたかったのですが、
友人の願いを叶えてあげなければと思い、
今日彼の話をしました。


さくさくしすぎて
パイ屑がぼろぼろこぼれてしまう不器用な彼だけれど、
とってもおいしいですよ。


みなさん是非友達になってあげてください。
【2005/06/17 23:13】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(8) |
僕のレーゾンデートルは?
あぁ、年をとって思い出にふけるようになりました。
高校時代がとても懐かしい.............
今日は未来ではなく過去のお話をしましょう。

05-06-17_05-01s.jpg

[↑友人jojoの家の表の駐輪風景」

高校生の僕は、毎日このjojo家に遊びにいきました。
いや、僕だけじゃない色々な人がいましたね。
常時5人は確実じゃないでしょうか?それほど賑わって
いたのです。多い時では15人ぐらいいたのでは
ないかと記憶しています。自転車の数も半端じゃないです
あれは表を走る車も迷惑だったでしょう.......
別にやることもないのに、何故あそこだったのでしょうかね
僕は皆の情報によると連続で通った記録が
1ヶ月か3ヶ月(ちょっと忘れました....。
ぐらいらしいです。アホですね......
夏はすごく暑く、クーラーの効く部屋の取り合いでした
無意味に屋根の上でボーっとしました。
家の向かいの駐車場でサッカーをしました。
冬はすごく寒かったです。トランプをしました。
賭けで誰かが詐欺ってました。GAMEをしました。
お父さんが帰ってくると立ってはいけませんでした。
小声で話さないと駄目でした。夕方になると
「STAY?STAY?」と聞かれました。MDのネームラベルに
綴られている歌手名がスタンスパンクスなのに
ステースパンクスでした。いつも遊ぶ部屋の
ゴザは煙草の焼きがいっぱいでした。灰皿には
いつも吸殻がいっぱいでした。そして割れました。
空気がすぐ悪くなるので換気をしていました。
ふすまを破りました。壁も剥がしました。
いつもいる女の子グループは皆、誰かしらの
カノジョだったりモトカノでした。
いつも寝るだけの人もいました。
飲み物、煙草、服などぱくった物がいっぱいでした。
告った人もいました。別れを告げた人もいました。
自慰をしている人もいました。彼女ができると
jojo家に連れていくという変な風習がありました。
短期間だけ居た人もいました。玄関には
靴が入りきらない程ありました。ジュースを
こぼした人がいました。怒られました。
色々な話をしました。でも一回も泊まったことは
ありませんでした。夏休みや冬休みには
朝から夜までいたこともありました。
色々ありました。



俺の高校生の思い出の一部です。楽しかったです。



あそこに居た会わなくなった皆は今何をしてるのでしょう
毎日顔をあわせていたのに、疎遠になるものですね。
やがて、今の友人とも疎遠になるのでしょうか?
そして思い出として思い出すだけの存在になるのでしょうか?

【2005/06/17 06:27】 motoki | トラックバック(0) | コメント(3) |
Violent Penetration
みなさんは社会の二面性について考えたことはあるでしょうか。


物事をある一面から眺めていると、
それはとんでもなく間違いであったりします。


僕や僕の周り、いや、日本全体と言ってもいいでしょう。
みんなみんな、子供の頃からある一面からしか物事を見れなく
なるような教育を施されています。
そういうイメージを頭の中に植え付けられているわけです。


何故か。


単純に政府が、既得権力が困るからです。
みなさんが広い視野を持てば持つほど、
社会の矛盾が続々と明るみに出てくるからです。
みなさんは気づいていないかもしれませんが、
社会は想像を越えてあなたに近接していますし、
密接性を持っています。


どうせ生きるならば今まで気づかなかったところ、
曇っていたところを鮮やかにして生きたいと思いませんか?


何も難しいことではないはずです。
僕が例に出していることが堅いだけであって、
自分の日常生活においても
二面性を持っているものがあふれているはずです。



あなたの新たな幸福の種が見つかるかもしれませんよ。









PS 僕が気に入っているバンドのお気に入りの歌詞


there's someone who conveys the truth for dear life
for blind peple


(真実を伝えようとする人がいる 
その人生をかけて 盲目の人々のために)


there's someone who trys to hide the truth
somebody who wants bills and coins


(真実を隠そうとする人がいる 紙幣やコインが大好きな奴らさ)
【2005/06/15 13:06】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(2) |
After birthday
昨日、誕生日を迎えました。
んで、こんなものを頂きました。



birth.jpg





俺、花束もらったの



初めてだよ!




バイトの人は花火付きミニ抹茶パフェ
作ってくれたりと、この年になっても
まだ誕生日を祝ってもらえるとは誠に嬉しい限りです。
(注:写真のクマは私物です、俺のプロレス技に
  文句も言わず付き合ってくれるいい奴です。)


おめでとうメールをくれた人もありがとう。
とても感謝しています。


また一つ年をとりましたが、なんとか
今年も生きていけそうですよ。


P.S 花束って結構使えるね!花束なんてキザっぽい
    と思ったけど、なかなかどうして嬉しいものだ
    いつか実践します!まずは相手探しだね 笑

【2005/06/15 10:31】 motoki | トラックバック(0) | コメント(4) |
The great Chinese
永遠とつく言葉を稀に耳にしますね。
ですが永遠なんてものはない
と言うお友達も少なくはありません。
例えば、永遠の愛なんてものは死んでしまえば
成立することはないので正しいのかもしれません。
永遠に生き続ける人も見たことないですしね。



皆さんも考えたことがあるはずです
何か永遠とつくモノはないかと
それを考えている内にある一つの極論を
思いつきました。



永遠とつくモノが存在しない限り
"永遠というモノは無い"ということは
"永遠にいえる"ことではないのかと。


絶対とつくモノが存在しない限り
"絶対というモノは無い"ということも
"絶対だ"ということなのです。
(絶対零度とかの便宜上の言葉は外して下さい)




こんなこと小学生の内に考え付いたという
人もいるでしょうが、21年思考してこれです...


永続して続く言葉の"~は無い"というのは
成立しえないと考えるに至りました。
ですからこれらの事象に対しては
"無い""有る"に変わるのです。
無い有る...無い有る...?
ん?・・・なにか見たことが・・・・









よくこんなフレーズを耳にしませんか!?



「永遠なんて無い


      アルよ」




そうです!中国人です!
すげええぇぇぇ!中華すげぇぇ!
中国人はこの極論に既に至っていたのです!
「永遠なんてない、いやあるよ」って略なんですよ!
中国4000年の歴史恐るべし 笑


真面目に書いてたらやっぱりこれですよ......
お粗末さまでした......。
【2005/06/13 07:49】 motoki | トラックバック(0) | コメント(1) |
sign
誰しも忘れたくない思い出、
大切な思い出を持っていると思います。


初デートの思い出。
初めて夜遊びして怒られたお祭りの夜の思い出。
仲がよかった友達の引越し、死。
等々。


考えてみると数え切れないほどの思い出が
頭の中にあります。どれもキラキラ輝いて、
忘れたくないものばかりですよね。けれど時間が進む限り、
生き続ける限り、思い出はひとつ、またひとつと断片的になって、
ある部分がもの凄く美化されたり、ひどくなると
自分に都合の良いように勝手にすりかえてしまうこともあります。


でも、思い出の漠然とした「感じ・におい」は
決して色あせることはないと思うんです。


雨の匂いも夏の匂いも、
何かしらの思い出をはらんでいるのは僕だけなんだろうか。


今日雨の中僕は、そんなことを考えていました。
【2005/06/12 03:31】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(2) |
C.C.Lemon=俺
もう、蒸し暑くなってきましたね...

こう蒸し暑いと外に出るのも億劫になるのですが

それでも外に出なければならず

C.C.Lemonを武器に頑張って外に出たのですよ

そしたら見ちゃったんですよ.............



そうこの暑い中、手を繋いで歩くカップル!!!!

うお、すげぇよ!!なんて強い絆で結ばれたカップル!!

恐らく手の中は汗で湿ってるであろうのに

あえて手を繋いで歩く素晴らしい人間性

拍手もんでしたよ、俺もう一人で笑ったもの

何でこの陽射しの中でそんな自虐的行為を...



そんな恋人の心情を理解できない俺は

やっぱりドライな人間なのでしょうね。

皆が見て微笑ましいと思う光景を俺は

ドライな観点で見てしまうのでしょうね。

でも、俺は変わらないのでしょうね。

そんな卑屈な人間なのでしょうね。



P.S 人の舌は体温より±25~30度離れている
    温度を美味しく感じるらしいですよ
    だから今はC.C.Lemonが美味しいのですね!!
    でも俺の心はC.C.Lemon並に冷たいですよ。

【2005/06/10 18:22】 motoki | トラックバック(0) | コメント(1) |
I LOVE
JAPAN!!


W杯出場おめでとう!!


宮本選手「負けることに慣れてないチームなので。」


Thank you 日本代表&Soccer !!


喜びのコメントがんがん↓にお願いします!
【2005/06/09 20:22】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(3) |
Shall we dance ?
(先にryosukeのMillionDollarBabyを見てください)

見てないです


見てない感想を言ってしまうと馬鹿っぽいんで控えます。
ただ、月並みの言葉ですけど、間違いなく良い映画でしょう。


<小話:ネタがない男(全部妄想)>


映画館で後ろの席に座っていた男女の会話の妄想


男「motokiの作品は基本的にパクりすぎっ!
  幸せの価値観とか!やばくない?!」


女「あれ意味分かる?全く意味不明なんだけど。」



男「はい!確かにあいつ馬鹿」



女「いつかの一日の出来事はまだ見れたかな。」



男「はい!日記っぽいの俺も好き!」



女「てか私あんまblog見ないんだよね。」



男「YES!分かる!俺も見ない!hehe!



ネタがなくて文章ぱくる男ウケル 笑
【2005/06/06 08:18】 motoki | トラックバック(0) | コメント(0) |
Million Dollar Baby
見ました。


詳しい感想を言ってしまうとネタバレしそうなんで控えます。
ただ、月並みの言葉ですけど、間違いなく良い映画でした。


<小話:芯がない男(一部誇張)>


映画館で後ろの席に座っていた男女の会話。


男「クドカンの作品は基本的におもしろすぎっ!
  タイガー&ドラゴンとか!やばくない?!」


女「あれおもしろい?全然おもしろくなかったんだけど。」



男「はい!確かにおもろくない!」



女「木更津はまだ見れたかな。」



男「はい!木更津俺も好き!」



女「てか私あんまテレビ見ないんだよね。」



男「YES!分かる!俺も見ない!hehe!



テンション高くて芯がない男ウケル 笑
【2005/06/05 23:19】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(2) |
ごんぎつね
本物のやさしさってなんでしょうね。
人にやさしくされたとき、時々考えます。


見返りを求める打算的なやさしさと
見返りを求めないやさしさ(いわゆる無償の愛)がありますよね。


この世が無償の愛で溢れているならば、
それはそれで素晴らしいんですが、
そんなに甘くないのはみなさんがご承知のとおりです。


結局やさしさなんて自分なりに計算して
常識的に考えた結果の上で、適量を周りに与えていくものなんじゃないかなぁ。

やさしい人、人当たりの良い人って言われている人たちの大半は、
決してやさしいわけじゃありません。
ただ、「常識・良識」があるだけですよねぇ。


決してその人たちを悪く言っているわけじゃありません。
最近ではその常識的なやさしささえ、開き直って放り投げている人もいますからね。


それと昨今、無意味なやさしさ(愛情)に対する欲求(期待)
を持つアホが多すぎですよね。

小さい頃の母親の愛情が足りなかった→女性を監禁

親友に学校で丸いと言われた→ナイフで刺す


・・・。


やさしさが欲しくてホストに貢ぐ女。

やさしさを求めて出会い系をする男女。

やさしさに触れたくてチャットにはまる男女。


・・・。


本物のやさしさってなんでしょうね。
人にやさしくされたとき時々考えます。
【2005/06/04 22:39】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(6) |
NEWS 8:18
 「みなさんおはようございます、司会のyamad@です
  それでは今日(もう昨日)のニュースをお伝えします。
 
 ・日本対バーレーンは日本が1-0で勝利しました
  その観戦の模様をお送りいたします。」


  モトキ「マジカード出しすぎ!」
  ヤスオ「うぉぉおぉ」


 「以上、お酒を片手に熱い応援していた御二人でした。
  ・次は、夜な夜な川原で語り合う、現代の若者は今
   をお送りいたします」


   ヤスオ「俺、今日ライブなんだって」
   モトキ「俺、今日バイト」


 「以上、現代の若者の実態についてお伝えしました。
  それでは今日のニュースを終わります。
  みなさん、また明朝お会いしましょう、さようなら。」
【2005/06/04 08:18】 motoki | トラックバック(0) | コメント(4) |
PROFILE
Ryosuke&Motoki
  • Author:Ryosuke&Motoki
  • 山田2人による雑記
  • RSS
  • CALENDER
    05 | 2005/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    RECENT ENTRIES
  • We're still here and have not gone anywhere.(07/26)
  • カムフラージュ(10/09)
  • ryosuke黄金パターン(08/31)
  • 遭難(07/31)
  • Drive me crazy(07/09)
  • RECENT COMMENTS
  • ごま(07/12)
  • unknown(05/02)
  • ごま(03/29)
  • chii(03/09)
  • けいスケベ(02/27)
  • YOU(02/21)
  • うっちゃん(01/06)
  • おりやん(・´з`・)(01/03)
  • chii(01/02)
  • sissy(11/02)
  • RECENT TRACKBACKS
  • かおりの日記:ナルニア国物語(04/04)
  • Killer Legs Blog:弾丸Smoking(01/24)
  • Killer Legs Blog:もーちょっとあたしのそばであたしを知ってよ(01/12)
  • ARCHIVES
  • 2009年07月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (3)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (14)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (21)
  • 2006年01月 (36)
  • 2005年12月 (36)
  • 2005年11月 (19)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (24)
  • 2005年06月 (18)
  • 2005年05月 (18)
  • CATEGORY
  • motoki (223)
  • ryosuke (157)
  • powell (9)
  • profile gallery (1)
  • woody (1)
  • LINKS
  • 僕のフランクリンを紹介します
  • happy happy happy
  • Killer Legs Blog
  • ゜・*:☆こころの小窓☆:*・゜
  • 根腐れ草
  • suVeneのあれ
  • あのねのね
  • canvas
  • まり*し~たん*glittering stars diary☆
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。