yamad@brothers
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
僕が生まれて21回目の五月が終わる
あぁ5月が終わる....
また一つ年をとる....
そんなことはどうでもいい....


大イベントきました!


待ってました!


彼は.....



体張ってます!!



気合入れて!!



↓を見ろ!!!!!!
スポンサーサイト
【2005/05/31 22:55】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(0) |
^^
このブログのコメント欄が活性化しないので、
足りない頭使って対策を講じてみた。


結論。


今回のこの記事、コメントを7番目につけてくれた人に、


Myキラースマイル   
   
(勝負笑顔)


プレゼント!



滅多に見れませんよ。
写メに撮るなりなんなりして、晒しあげちゃっても構いませんよ!
シチュエーション設定も承ります!



以上。




【2005/05/31 22:55】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(12) |
罪と罰
小生は凄惨な事件に遭遇した。
極めて冷酷で非情なる神か仏の仕業であろう。
そうでなかったら、小生は余程運が悪いのであろう。
(補足:小生とはへりくだっていう自分の事です)


最近、小生は夕刻に起きる
これは仕事を終え帰るのが早朝になる為だ。
こんなことで気分を害す弱い人間ではない。



昨日も小生は夕刻に起床した。
夕刻まで眠り、一日を無駄にしたと思う方も
多くいるだろう、しかし小生はそんなことで
気が滅入る人間ではない。



時刻が8時をまわった頃、一本の電話があった。
夕飯を一緒に食べないか?という内容であった。
その電話の主と亮介、小生という組み合わせで
小生の働く店に夕飯を一緒に食べに出かけた。
小生は人間嫌いの節があるが、
親しい間柄の者を嫌悪する人間ではない。



友人達と楽しく箸を取っていたが、
小生の今日の勤務開始時間は11:00。
時刻が10:50を示したので、小生は
一足先に退席させて頂いた。
小生も、もう少し遊んでいたかったのは
まぎれも無い事実...しかしそんな小生の勝手で
他の勤務している人間に迷惑をかける訳にはいくまい
小生が遅刻の常習犯であるのは置いておくとして...。



そして小生は勤務を終え帰途についた。
鳥のさえずる声、喧騒の絶えた道、
素晴らしい空間だ。こんな気分のまま帰ることが
できたらどんなに素晴らしいだろうか...
しかし小生の家にもう少しで着く直前...
事件は起きてしまったのである...。



小生がエレベーターに乗り、閉のボタンを
押そうとしたところ、なんとそこにいたのは



蛾!!!!!!!!



蛾!!!!うおぉぉぁおぉおあぉおぅぉぉ!!
小生思わず空間の奥まで逃げる!
しかし小生と壁が衝突したその震動により
蛾が羽ばたく!!その時無常にも扉は閉じたのだ。
かつてこんな恐ろしい兵器が存在しただろうか
密閉された空間...逃げる事の許されぬ空間...
その中で蛾は優雅に空を泳ぐのだ。
蛾よ、お前に罪は無い...悪いのはお前を
不快に思う小生だろう...これは罰なのだろう。
しかしこれはあまりにもむごすぎる...。
小生は不規則に羽ばたく蛾の猛攻をかわし
[←→]のボタンを連打した!!.....が、
遅い!!扉はなかなか開こうとしない!!
何故こんなにも遅い、痴漢や危ない人から
逃げる時、これでは手遅れになるではないか!!
しかし今はそんな不満を述べている時ではない
やっと重たい腰をあげた扉が開かれた時
小生は光を見た。            完...






あとがき:一人称を小生としているのに意味は
     ありません。ただの気分です。
     物語っぽく書いたのは、小説は
     こんなんより楽しいと思わせて 
     皆を小説中毒にするという野望の為です。
     

     嘘です。これもやっぱり気分です
     
【2005/05/30 07:09】 motoki | トラックバック(0) | コメント(2) |
戦略的思考
突然ですけど、僕の自宅はじいちゃんの家と限りなく近いんです。
今日はそこの家の一員である、
一匹のうさぎの話をしようと思います。


もともと僕がある人からもらってきたのを、じいちゃんに
引き取ってもらったそのうさぎは、
しばらくしないうちにみるみる太りはじめ(ミニチュアうさぎという種類で来たときはそりゃあかわいかったもんです。)、
今ではかなりの丸さです。


名前はピョン。
ベターかつベストなネーミング。
じいちゃん、まだボケてないな。


話がそれました。たまの休日に顔を出したときに、
コーヒー飲みつつ観察してるんですが、
いやあ面白いもんです。
前述したとおり、もらってきたのは僕なんですけど、


?とにかくびびりまくる。

?そのくせ馬鹿だから餌はあげたらあげるだけ食べる。

?すぐに人を信用して僕が近くに行っても寝るようになる。


まるで大学生に騙されてしまう高校生の女の子みたいです。
性別は分からないけれど(調べてないし聞いてもいません)、
絶対♀ですね、こいつは。
そんなピョンなんですけど、よくよくじっくり見ていると、
ペットも捨てたもんじゃないと思います。


有名な話ですけど、うさぎはさびしいと
死んでしまう生き物らしいということなんですが・・・


僕に似てますね。うん、似てる。




以上、亮介のイメージアップ戦略でした。
【2005/05/29 23:55】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(5) |
事実
どんなに働いても、その日食べる物にさえ困るような人もいます。





1秒で1億円稼ぐ人もいます。





この差はなんなんでしょうねぇ。
【2005/05/28 17:12】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(1) |
注:マジ長いです
最初に言っておきます、マジ長文です。
私事すぎるし為にもなりません。
書いていたら楽しくなって止まらなかっただけです。


去る27日、リョウスケが栄に服を買いに行きたいと言った。
俺も夏物が見たいので誘いに乗った。
その日の全容を明らかにしようと思います。


pm1:30メールの着信音で起きる。
受信メールR氏「3時にライオンで!」
3時に間に合うよう支度をし、家を出て
バス停に向かう。


pm2:30バスに乗る、栄までは約40分...
遅刻だ。


pm3:10三越のライオン前到着。R氏の姿無し...
待ち続けること10分、R氏登場、第一声がこれだ
R氏が笑顔で「携帯落とした」...またか...
ここ最近もR氏は携帯を落としている。
もうこれはわざとの領域に近い。


pm3:30とりあえず買い物を開始
彼の中で携帯の優先度は低いらしい。
ここで栄での戦利品を報告しておこう
・・・R氏がワックス一つ...何しに行ったんだ...


pm4:20?携帯を大学に忘れた可能性が
高いということで八事駅へ大学構内散策開始
・・・開始一分で携帯発見。俺の必要性は皆無だろう。
その後、構内でも比較的落ち着いた場所でくつろぐ。
休憩を終えた後、構内を出る帰り道を人が
ゴミのようにいないところ、木々が鬱蒼と茂る
道を抜けることにする。あまりの-イオンの膨大さと
素敵な景観を目にして気がふれていたのだろう
失言してしまった「隣がリョウスケじゃなかったらな」
R氏の存在を全力で否定じゃないか。まぁ問題はない。


pm5:00ようやく大通りに出た俺達は
R氏が昔行ったことのあるという
Cafeへ向かうことに10~20分程歩いて着いた
そのcafeはcongariCafe。裏道にあり
こじんまりとしているが雰囲気のあるCafeだった。
テラスと呼ぶには少し難しいテラスに座り
何故か俺は抹茶オレ、R氏はオレンジジュース
を頼んだ。数分後、出された抹茶オレを飲むと
驚愕..。今まで飲んだことのない味だ...。
一番近い例えが草を飲んでいる感じだろう。
すごくおいしい訳でもなくまずい訳じゃない
しかし、もう一度飲みたくなる不思議だ。


pm5:50Cafeを出た俺達は目的を失った。
するとR氏がおもむろにこう言った。
「オレ(大学)のツレん家行こうぜ」
俺は心の中でリョウスケ、お前はすげぇよと思った
まだ、どこかで知らない奴と会って遊ぶのは分かる。
でも一般的に考えて面会の無い者同士が
双方どちらかの家を仲介にして会うことははないだろう......
あんた自由だよ...自由すぎるよ...。
しかし、まぁ俺も深く考えずに了承した。
これが逆に俺の家であったとしたら気にならないだろうしな。


pm6:00?目的の家に到着。R氏の大学のツレと初対面。
俺の印象は(俺の知り合いと酷似物腰の柔らかそうないい子だ)
家に上がらせてもらい、GAMEをやる大学生コンビ
俺傍観...傍観傍観...。最高に楽しいぜ。
そうこうしている内にまた一人R氏のツレが来た。
今度は明朗快活な女の子だ...。居場所がないぜ。
これが今、街じゃ噂の四面楚歌か...大学s恐るべし。
(でも、普通に楽しかったです。)


pm9:00俺のバイトが11:00スタートだったので
俺は帰宅することに、大学sに別れを告げ
八事の駅まで戻ると、俺の選択肢が二つでてきた。
歩いて帰るか、電車で帰るか...。
もちろん俺は歩きを選んだね。
約1時間20分かけ八事からバイト先まで走破し
最後に浮かんだ言葉は「無意味」。
なるほどいい言葉だ。こんなにも絶望的な言葉
が存在したのか、もっとはやく気づけ俺。


P.S リョウスケの大学友達は個性溢れでてるな
   カラフルすぎて目が痛い。うけるけど笑
   
【2005/05/28 06:22】 motoki | トラックバック(0) | コメント(5) |
携帯による携帯のための携帯
携帯電話・・・



略して携帯・・・



君は何故、携帯なの?・・・



携電のが正しいはずじゃないか・・・



携帯型~も略したら携帯じゃないか・・・



その辺りの微妙さがなんか歯痒いよね・・・



だから、明日からはこう呼ばせてもらおう・・・



・・・携帯・・・・・うん、一人携電とは言えないよ・・・



だって携電とか伝わらないし、むしろ携帯は携帯じゃん?・・・




あとがき: 軽い話題、軽い話題を出そうと思ってたら
       なんか意味がわからないモノができたけど
       くだらなさ過ぎて俺らしいのができた。
       今日はいい日になりそうだ。

【2005/05/27 05:25】 motoki | トラックバック(0) | コメント(0) |
私信
今週のNumberの吊り紙広告を見て衝撃を受けました。
ACミランのシェフチェンコ氏がただこちらを見ている写真。
の、はずなのに、どうしてこんなにも
人間の内側にある不安や気負い、誇りなどが一枚の写真から感じ取れるんでしょうねぇ。


話は飛びますが、僕にはすごく大切な友人がいます。

彼とはお互いを認めあって、伸ばしあえる関係です。

高校生のときなどは、毎晩のように語り明かしていました。


彼は今東京のスタジオで働きつつ、写真の勉強をしています。
僕の何十倍も努力していますし、苦労しているでしょう。
彼のことを考えると今の自分に歯痒くなることもあります。


僕は恥ずかしい話、生まれてこのかた誰かに心を込めて
がんばってなんて言ったことはないですし、
自分のことのように喜び、おめでとうなんて言ったこともありません。


けれど、もし彼が目標を達成したとき、
夢を実現させたときには、素直に、
おめでとうと言える気がします。


僕は、彼がみんなを感動させるような写真を撮るようになってほしいですし、事実そうなってくれるでしょう。
情熱大陸にも出演するかもしれませんよ。




今は東京で生きる僕の大切な友人へ。


僕はそう信じている。


頑張れ。


【2005/05/26 23:04】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(1) |
面倒くさがり男
ここ最近の俺とリョウスケの会話で
R「電車男みたいな本で今、痴漢男ってのが出てるらしいよ」
(補足:俺は電車男って本を持っています。)
M「なんだ痴漢男って...笑 絶対買わんな
(補足:官能小説ではありません)
ってな感じの会話があったのですが・・・・・・・・



買っちゃいました・・・笑



なんて意思の弱い俺...なんて適当に返事する俺...
まぁ過ぎ去った事を悔いても先へは進めない。
自分のPOSITIVE(開き直り?)な姿勢にジコマンし
さっそく読んでみると・・・



これはおもしろい。まだ最後まで読んでないけど
途中までなら電車男超えは成ったね。
しばしば作中の人物に惚れる俺、今回も
ご多分に洩れず惚れました...変人だぜ俺...
だけど主人公に成りきって読むと仕方なくない?
現実的な俺がこんな話ありえないと思うのですが
もう一方のドラマチック好きな俺がはまってしまうのです。
教養がなく低脳ですが本が好きなんです。


そこで提案。自分は本を買うときに裏表紙と帯と
最初の数頁を見て決めるのですが。
いつも自分の好きそうな本しか選べないですよね?
(それは否定すべきことじゃないけど)
でも、俺が気づかない面白い本って沢山あると
思うんです。ってか確実にあるな...


そう、遂にこのblogを有効利用できる時がきました!
みんながお薦めの本を教えてくれたらこれ幸いです!
(自分で本探すのが面倒くさい訳じゃないよ...
 面倒くさがりの俺だから、真偽は不明だけどね)


P.S リョウスケは俺が貸すんで
   痴漢男必読ってことでOK?
   

【2005/05/26 01:22】 motoki | トラックバック(0) | コメント(2) |
Are you happy ??
           皆さん幸せですか?


幸せって絶対的なモノと相対的なモノがあると思うんです。
お、冒頭から意味わかんねぇよと思う人もいるでしょう
まだ見るのを止めるのは早い、これからだよ。



相対的の方から説明したほうが分かり易そうなので
相対的幸福論から、俺も含めて皆も結構あると思うのですが
俺はあいつらに比べたら頭がいい、容姿がいい、
金を持っている、センスがいい、あいつらしょぼいし
俺のがまだマシでしょ、とか要は人と比較する対象を
得ることによって自分の欲求を緩和し幸福感を満たす
極論を言えば人を蹴落とす、下げることによって
相対的に自分を上げる、満たすという幸せの感じ方です。
戦争で相手国を攻撃し利益を得る(相手国を下げる)
起業し成功する(必然的に競争者は損害を受ける)等
これらも詰めれば相対的幸せの掴み方なんじゃないかな?



それとは逆に自分自身で幸せを感じる事ができるのが
絶対的幸福論です。確かに努力して勝ち取った
相対的幸福もあるでしょう、一概に悪いとは言い難いですね.....

光があれば闇があるように......
生きている上では相対的幸福は切り離せないでしょう。


だけど本当の幸せって絶対的幸福の方だと思うんです
走ることが幸せ、絵を描くことが幸せ、本を
読むことが幸せ、音楽を聴くことが幸せ......
お金がないから不幸、頭が良くないから不幸、
友達がいない、彼女がいない、それって不幸じゃないでしょ?
人を羨んでるだけでしょ?
金持ちでもっとすごい金持ちを羨んで不幸を感じるなら
俺は金がなくても今、幸せだって感じられる方になりたい。



絶対的幸福を感じられる人が増えたら
戦争の数も減少したり、不幸を感じる人が減少し
皆HAPPY!!....いい世の中になりそうですね。



資本主義否定で入って共産主義肯定みたいに
思わせときながら人一倍野心がある相対的価値観の
権化やまだもとき!ご都合主義です笑。
そんな考えを持った山田教にあなたも入ってみませんか?
最初に授けられるありがたぁいお言葉は
天上天下山田独尊です。もうなんか全てが台無しですね......



P.S 今日バイトでメニューにないカクテルHOPEを
   作りました希望の味がしたような
   してないようなおいしいカクテルでした。
   (バニラシロップ10、生クリーム10
    オレンジジュース20、ラム20で作れますよ)

【2005/05/25 06:06】 motoki | トラックバック(0) | コメント(4) |
Depuis qu'Otar est parti...
Depuis qu'Otar est partti...邦題"やさしい嘘"という
フランス映画を見ました。
おばぁちゃんのエカ、エカの息子オタールと娘マリーナ、
マリーナの娘アダという人物達が織りなす
ジャンルはおそらくヒューマンドラマの映画です。



物語の概要はエカ、マリーナ、アダは三人でグルジア
という国で暮らしており、オタールは仕事を探すため
パリで生活しています。エカは息子のオタールの事を
大変可愛がっていて(その愛情は娘のマリーナには向けられていません。)
もう年寄りのエカにはオタールからよせられる手紙だけが
生きがいの人生を送っていました。
しかしある日オタールが事故に遭い死んでしまうのです...
エカを苦しめたくない二人は嘘の手紙を送り続ける事にしました。
その手紙も永遠に騙し続けられる訳もなく・・・・


これ以上書くとこの映画の全てを分かってしまうので
止めときます笑。


この映画を見ている時、ゆったりと時が流れ
静かで落ち着いた雰囲気
だなと感じました。
最初見ている時は「あ、これ失敗したかな...」と
思いましたが、見終わった時には充分満足していました。
特に最後に3人(エカ、マリーナ、アダ)の
家族の歯車ががっちりとかみ合った時のラスト15分
いい展開なんですよ!


喪失・・・再生・・・そしてまた喪失・・・


人生で誰しも経験することだと思います。
そういうとこに共感しながら見ると
尚映画を楽しめ感動できますよね?


結局何が伝えたいんだ?!と言われれば
映画は見たい時に見るもんだと思ってますし
ただ映画を見た報告&批評なんで
別にこの映画をおすすめするなんてことはないです笑



補足ですが、この映画はジュリー・ベルトゥチェリという
女性の方が監督、脚本であったり
エステール・ゴランタン(エカ)という女優は
90歳だったりと驚きの要素もありましたよ。



少しダラダラと書きすぎましたが
皆が良い映画に出会えることを祈っています。



P.S みんなは"やさしい嘘"をつく場面に
   出会っていませんか?
   俺はいつもあくどい嘘をついています。
   あとコメント書いてくれている人thanksです。
   (嘘です!感謝関連の言葉は全部嘘です。)




【2005/05/24 05:41】 motoki | トラックバック(0) | コメント(4) |
若さ
僕は今年で21になります。


ここまで来るまで長かったなぁと思ったり、
ここまで来るまでなんて短かったんだろうと思ったり。
その時の自分の心理状態に合わせて都合よく使い分けてます。


先日、堤防を久しぶりに散歩してみたとき、
高校生ぐらいかなぁ、
若い2組のカップルが仲良く座り込んでおしゃべりしてました。


大人ぶってるわけではなくて、笑、
正直かなり微笑ましかったです。
決して「堤防で座り込んで仲良くおしゃべり」したいわけでは
ないんだけれど、そのグループの周りに漂う一種独特の空気、
大切そうなんだけれど、どうでもよさそうでもある。
みんなといるのだけれど、なんだか寂しい感じもする。
そんな空気を感じて、僕は軽い嫉妬を覚えたんです。


ああいう雰囲気こそ、本当の「若さ」だと思いました。


彼らのようなものがもう僕にないのは悲しいことだけれど、
それだけに、いい歳のとりかたをしていきたいなぁなんて思います。



みなさんは今、どのあたりにいますか?




PS 21はまだ若いっていう嬉しいツッコミ期待してます。
【2005/05/24 02:07】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(5) |
Late description
もうそろそろ公開するべきじゃないかという判断により
ついに昨日ここのURLを色々な人に教えたのですが


そもそもなんでyamad@brothersなんだ?
ってかおめぇら誰だよ?みたいな事がないように
まだ初期の内に一応補足しておきたいと思います。



このblogを運営しているのは山田りょうすけ山田もときなので
yamad@brothersと表題がついています。
誠に安易ですね...捻りも何もない...捻りと言えば@ぐらいか。
今これを書いているのはもときの方です。
これはカテゴリを見てもらえば判断できます。
もっと簡単な判別方法は俺の方が文章が幼稚です笑



あとは俺が追伸で書いているバイトとはCafeのことです。
今日は~がきました、今日は忙しかったです、
なんのこっちゃ?みたいになりますからね......
(皆も来て売り上げに貢献するといいですよ! でも忙しい時は注文しないでください。)
実際追伸には興味ないとか言われたらそれで
終わりですが、そこは温かい目で見守るべきですよ?


P.Sみんな気負いせずどんどんコメント書いていいよ
   そこから改善点、反省点も見つかるかもしれないしね。
   (なんてのは口実でレスポンスを楽しみたいだけです)
   でも無理に書く必要はないよ!追伸なげぇよ!
【2005/05/23 06:52】 motoki | トラックバック(0) | コメント(4) |
偶然
偶然という言葉が好きです。

それに準ずる出来事も好きです。

必然的に起きる出来事ほど味気ないものはないんじゃないかなぁ(一概には言えないけれども)。


例えば、偶然高校の頃のクラスメイトに会ったとか、たまたま
今日は特売日だったとか、僕に限らずけっこう「偶然」という
言葉が好きな人はいると思います。

そのまったく逆で、毎日を必然的にこなしていくことが
好きな人もいるわけだけれど。


ただ忘れてはならないのが物事にはかならず良し悪しがあるということ。
悪い偶然・必然を受け止める寛大さも、
受け流す余裕も必要なんじゃないかと思います。



まあともかく最高の偶然をPresent For Me 笑
【2005/05/22 20:46】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(4) |
Evolution of a text!! failed......
意味のない、内容のない話を書いても、別に日記を公開している訳じゃないので下らないblogになると嫌だなと思ったのですが....
作ったばっかだし


書きたいもんは


書きてぇんだ!!



ってことで書かせて頂きます。
今日もまた毎度のごとくリョウスケ氏が突然来て、遊ぶことになったのです。
(注:彼は俺の部屋の窓を開き姿を確認し勝手に家に入ってきます!不法侵入に近いです!)
その遊びはいつも通りGAME&TALKですが最近はPCという
新項目が加わったことにより、他人が書いているblogを拝見する
という俺が普段行わない遊び?が追加されていました。
その中でもリョウスケ氏のお薦めのblogを拝見させてもらいました(補足:結構下らないblogも多かったです...)
確かにそのblogは読んでいると面白く、為になり
読者を満足させられるような内容のblogでした。
至ってシンプルなのに、あんなカッコイイと思わせるblogを
作った作者に 殺意 尊敬すらおぼえました。


そのblogの中で一際目を引いた"文章の書き方"なるものがありまして要約すると、ぐだぐだ下らない文章を書くなとか
内容は簡潔に且つ全てを伝えるなど
まぁ内容は大体こんな感じのものです。
あとは、そのblog全体を見て感じたのはテーマをある程度
絞ったりと要は全体のシェイプアップですね。
無駄な贅肉は落とせと.......
(注:人の体格の事を言っているのではありません。)


この時点でシェイプアップできていないので
俺は下らない文章を書いていると思われますが笑



これからはそんな見ていて満足させられるようなblogが作りたいです。
あれ?話それた?これ俺の宣誓?なんかやっぱグダグダだぁ!
(実はこうやってたまに真面目な話題を崩す手も学びました笑)


P.S 今日のバイトはやたら忙しかったです、途中心の中で

   「客よ帰れ」と念じました。
   俺が悪い訳じゃない、客が悪い、俺自己中...
【2005/05/22 05:39】 motoki | トラックバック(0) | コメント(4) |
number of answer is not one.................
早速第二回目の更新!何事もなく順調に進んでる。
リョウスケがなんかえらく真面目な話題を出したので
こちらも負けじと感慨深い話を(対抗してる時点でガキだけど・・・


最近"夜のピクニック"という小説を読んだのですが
その中に少し考えさせられる一文があって
"好きという感情には答えや解決策はない~~..."
今手元にないので誤字脱字等あり、まだ続くのですが
大体ピックアップしたい内容はこの文です。


小説中に登場する女の子が同じ高校に通っている男の子に
恋をしているのですが、成就する望みは少なく
片思いのままですがその幸せの気持ちのままなら
告白をせずに今の関係のままでもいいというシーンで使われていて


俺はそれを見て共感する部分がありました。
よくこのまま展開がないなら、告白して自分の思いを伝えたほうがいい等の話を聞きますが
俺はこの女の子に似た考えを持ってて
成就しなくても幸せな時は幸せだし、無理から成就させる
必要はないと思っています。
確かにその後の展開をのぞめることはきっと幸せなことだし
成就させなくてもいいとまでは思いません。
でも、少なくともこの一文のように答えや解決策が一つという訳じゃないんじゃないかなと思います。
それはただのビビりという人もいるでしょう?
はい!びびってます!ふられるの怖いです!悪いですか?


と話が少しそれましたが、こういう考えさせられる
一文があったよという報告でした。
あくまでも自分の見方で別に人の価値観を否定するつもりはないので悪しからず......
あとこんな話は俺のキャラにはないとの批判は受付ません!悪しからず......
あとあと、文章下手ですいません...起承転結できません...以上!!


P.S今日はバイトにタローとヤスオがきました。ってか呼びました笑
  明日は誰が来るのだろう...誰も来ないのだろう...
【2005/05/21 06:09】 motoki | トラックバック(0) | コメント(0) |
Posted by Ryosuke at first・・
↓でモッ君がいろいろ書いてくれているので、
僕は一回目から書きたいこと書かせてもらいます(笑)
日々感じたこと、好きなもの、フィクションの話などをメインに
更新していく予定です。


さて、記念すべき第一回目のテーマは「好きなもの:音楽」です。


単純な疑問なんだけれども、
みんなはどんな音楽を聴いて毎日を過ごしているんだろう。
ちなみに僕はもっぱらロックを聴きます。


好きなジャンルのみを聴く人。
ジャンルレスで聴く人。
ラジオで楽曲との一期一会を楽しむ人。
こんなところにも人の個性ってでるよなぁと思ったり。



話は変わるけれど最近見たインタビューで
(舞台俳優さんなんだけど誰かは忘れました)、
その人は生まれついての臆病者で、
人の音楽を聴いて興奮状態にした後で舞台に上がっていた
らしいんだけれども、その人は他人の音楽を聴いてRockしても
それは借り物のRockであってそんな自分の行動に疑問を感じて、
自分自身の力で(リズム、メロディで)舞台に上がるようになったっていう話を見て、大変感銘を受けたんです。



よく普通の人って、
「この曲聞くとテンション上がるよね~」とか、
「ノリいいよね~」とか言ったりするけれど、
それは音楽と向き合えてない(音楽を聴く態度が主観的になっていて全てを客観視できていない、音楽に依存している)し、
やっぱり借り物のテンション・ノリなんだと思う。
「それで十分、音楽なんて楽しくてなんぼ。」って思う人もいるだろうけど、それは仕方のないこと。
価値観の違いだものなぁ。


僕は真剣なものづくりにはやっぱり真剣に向き合いたいなと思うし、今は難しいけれど自分自身を自分自身でRockできる、そんな人になりたいと思っています。


まあこんなこと言っちゃうとせっかく好きな音楽も
楽しく聴けなくなってしまうところだけど、
そこは山田亮介。



聴きたいように聴くし(笑)
以上。極論に付き合ってくれてありがとう。



PS 少しでも多くの人がこの文章を読んで、
  音楽というものについて考える機会を持ってくれたら、
  それは僕にとってすごく幸せなことです。
【2005/05/21 00:33】 ryosuke | トラックバック(0) | コメント(1) |
Congratulation! The beginning of blog
ついにyamada@brothersによるblogがスタート
とりあえず最初だから今日の出来事をテストついでに・・・

今朝、快眠してる俺が携帯のコールで起きると
早朝?(am10:00ぐらい)からこのblogの共同運営者でもある
R氏からの着信が・・・まだ眠りも覚めやらぬまま着信に
出ると「今から行くわぁ!」・・・いつもどおり突然だ。



もう慣れっこさ!



彼と家でやることと言えばGAME、TALK、GAME、TALK.........



これONLY!



・・・やがてGAMEに二人が飽き始めた時、前々から話にあった
blog作ってみようぜ!という方向に
早速二人でPCを起動し、ネットに繋ぎ、まずはblogの
作り方を調べると、結構意味不明!笑

もう何も考えず初心者にも扱いやすいというここで
blogを作ることに、そしたら驚くほど簡単にできあがちゃった・・・
その後も二人でここのデザインを決めたり、その他の色々な
ツールをつけようと試行錯誤を繰り返したが・・・
結局簡単なのは最初だけでした・・・
色々二人でやりたいことはあったが、俺がバイトでTIME UP!!
今現在は何も面白くないblogだが、後に最高に面白いblogになるだろう。たぶんね!
っちゅうことで今日の出来事(blog作成の過程)は終了です。




P.S 今日バイトに新庄とワチがきました!レアじゃね!?
  しかもチェスやって負けてダーツやって負けたしね笑
【2005/05/20 01:00】 motoki | トラックバック(0) | コメント(0) |
PROFILE
Ryosuke&Motoki
  • Author:Ryosuke&Motoki
  • 山田2人による雑記
  • RSS
  • CALENDER
    04 | 2005/05 | 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    RECENT ENTRIES
  • We're still here and have not gone anywhere.(07/26)
  • カムフラージュ(10/09)
  • ryosuke黄金パターン(08/31)
  • 遭難(07/31)
  • Drive me crazy(07/09)
  • RECENT COMMENTS
  • ごま(07/12)
  • unknown(05/02)
  • ごま(03/29)
  • chii(03/09)
  • けいスケベ(02/27)
  • YOU(02/21)
  • うっちゃん(01/06)
  • おりやん(・´з`・)(01/03)
  • chii(01/02)
  • sissy(11/02)
  • RECENT TRACKBACKS
  • かおりの日記:ナルニア国物語(04/04)
  • Killer Legs Blog:弾丸Smoking(01/24)
  • Killer Legs Blog:もーちょっとあたしのそばであたしを知ってよ(01/12)
  • ARCHIVES
  • 2009年07月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (3)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (3)
  • 2008年02月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (3)
  • 2007年08月 (3)
  • 2007年07月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (3)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (14)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (21)
  • 2006年01月 (36)
  • 2005年12月 (36)
  • 2005年11月 (19)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (21)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (24)
  • 2005年06月 (18)
  • 2005年05月 (18)
  • CATEGORY
  • motoki (223)
  • ryosuke (157)
  • powell (9)
  • profile gallery (1)
  • woody (1)
  • LINKS
  • 僕のフランクリンを紹介します
  • happy happy happy
  • Killer Legs Blog
  • ゜・*:☆こころの小窓☆:*・゜
  • 根腐れ草
  • suVeneのあれ
  • あのねのね
  • canvas
  • まり*し~たん*glittering stars diary☆
  • SEARCH
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。